2018年10月31日

れぇざぁ。。。ですと

平成30年10月29日(月)
前日、日曜出勤の代休。

かかりつけの内科で、糖尿の定期健診。
体重が2キロほど増えた。
HbA1cが6.0から6.2に。
一応、許容範囲内。

採血と事前問診の時に、眼科に行くことを勧められる。
昨年の8月、僅かな眼底出血を確認して以来、見ていないから。

で、こちらを終えた足で、そのまま一番近い眼科へ。

ここは初診。

眼底写真と、断層画像を撮影。

出来上がった画像を見せられて愕然。

右目の左下、五分の一くらいだろうか
まだらになった出血が見て取れる。

以前の段階では、点々としたものが五つか六つ、数えられる程度だったのに。


改めて、マス目の書かれた紙を見てテスト。
片眼ずつ、中央の黒丸を見つめて、視野の異常はないか?

まさしく、右目の左下部分
マス目が歪む、黒いモヤのようなものが見える


医師の説明によると、

中心部に出血がないのと、片目だけなので
視力は維持している。

だから異常を認識しずらい、のだと。



眼科医からは「なんで一年も経ってから?」と問われたが

血糖値やHbA1cは安定していて、
(内科医から)「これなら合併症は出ないでしょう」と聞いてたから。


まぁ、甘かったよね。
後の祭りだけど。


それに
いろいろと思い当たる節がある。

目を閉じた時に、決まった形のマダラ模様が見えてた。
視界の一部でピントが合わない事があった。
右と左で見え方に違いがあった。

どれも、今回の部位に当たる位置。

一定の大きさになったせいで自覚症状として現れたんだろうから
もっと早い段階で見付けるには
やっぱり、医者にかかって、ちゃんとした検査を受けていなければダメだろうな。


対処として

レーザー治療と
眼球注射を説明された。

レーザーは(国の)健康保険が利く
注射は(国の)健康保険が利かない

レーザーは(任意の)医療保険が利かない
注射は(任意の)医療保険で対応しているものもある。



選択は、
レーザーで。

週明け、5日(月曜)に受けて来ます。




posted by フライドベーコン(fliedbacon) at 01:51| 山口 ☀| Comment(0) | 健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。